Tonakaiのmemo memo

日々の備忘録です・・・。

ノースウェーブのレイザー買いました。

ノースウェーブのレイザーが通販で安かったので買ってしまいました!

ヨーロッパの46サイズだったんですが、サイズぴったりでした。シマノジャイアントの靴だと46サイズでちょっと足の指先が当たって、長時間乗っていると爪が変形していました。

ソールの硬さも申し分無しで、200キロ以上走っても足の裏の痛みが皆無でした。

f:id:RTS_TTR:20200209064621j:image

 

続いてヴィットリアのルビノプロ28Cです。

2500キロくらい走って前後のタイヤをローテーションしましたが、後輪に履かせていたタイヤの写真です。ほとんど摩耗してる感じが無いです。

もしかしたらコンチのグランプリ5000TLより長寿命かもしれませんが、5000TLの32cに比べると乗り味が硬いです。
f:id:RTS_TTR:20200209064930j:image

 

コンチネンタルのGP5000TLの耐久性とフィニッシュラインのシーラントについて

GP5000TLの2回目の交換をしたので凡その走行距離などを書いておきます。

リアタイヤがそれぞれ約6000キロ、約3800キロで交換でした。

 

1回目

2018年8月に6000キロくらい走ったところでリアタイヤの中の繊維が見えてるっぽいので交換しました。

フロントタイヤは9800キロくらい走った時点で交換しましたが、まだ使えそうな感じでした。

f:id:RTS_TTR:20200108170836p:plain

f:id:RTS_TTR:20200108170847p:plain

 

2回目

輪行する際にリアタイヤに斜めの筋が全周にわたって見えたので交換しました。走行距離は3800キロくらいでした。

フロントタイヤはまだまだいけそうな感じでしたが、ビットリアのタイヤを買ったので一緒に交換しました。

f:id:RTS_TTR:20200108170855p:plain

f:id:RTS_TTR:20200108170904p:plain

 

ついでにフィニッシュラインのシーラントでふさげなかった傷です。

薩摩川内市内で木片を踏んだ時についた傷だと思われます。

評判の宜しくないシーラントですが、年末に1リットル入りを買ってしまったのでまた使います。。踏んだら明らかにパンクするよなぁと思うような木片を踏んでいたので、シーラントに問題はなかったはず・・・。

f:id:RTS_TTR:20200108171143p:plain

年末年始で輪行してきました!

青春18きっぷを使って九州まで輪行してきました。

反省点などをいくつか挙げていきます。

 

・時期と切符の問題

輪行は大きい荷物を持ち歩くので鈍行しか使えない青春18きっぷとの相性が悪いです。さらに年末年始の帰省ラッシュだったのでいつも以上に混雑した中で、他の乗客にしてみれば迷惑だったろうなぁと反省です。新幹線やサンライズ、フェリーを使うのが気楽だと思います。

 

・帰りの電車について

5:56に倉敷発の電車から、相生、米原豊橋、静岡、熱海、戸塚、市川と帰ってきました。

倉敷駅発の長浜行の電車は8両編成で途中(確か)岡山駅で前方に4両連結されて12両編成になります。倉敷駅発の電車の先頭車両に乗ってしまい、米原駅で乗り換える電車が12車両無いために、前方の車両に乗っている乗客が前方の車両で圧縮されて後方に比べてかなり混雑した状態となりました。

また静岡駅の乗り換えでも車両編成が減ってしまい、この時は最後尾の車両に乗っていたのですが、各駅に停車する度にホームの車両が止まらない位置に並んでいた人が最後尾の車両に流れ込む形となり混雑していました。

輪行する場合、車両の連結がある電車なら連結の反対側、車両の編成数によって乗車位置が変わらない方の端の車両に乗るようにするのが良いと思いました。

 

今後年末年始など極端に混む時期に大都市圏で青春18きっぷを利用して移動することはしないでしょう。

地元ではこの時期は寒くてサイクリングの頻度が落ちていましたけど、それなりに防寒対策をしておけば快適に走れることが分かったのが今回の収穫でした。

 

来年に向けてメモ

来年挑戦する月間走行距離の自己記録更新に向けてあれこれ覚え書きしておきます。

 

今年の結果 343時間30分 7009キロ

今年は観光をほとんどせずに朝から晩まで走って上記の結果でした。距離を伸ばすには走行時間を増やすか、巡行速度を上げなくてはなりません。そのための策として以下のように計画しています。

 

・日照時間と気象条件の良さそうな7月に挑戦する

 8月は日に日に日照時間が短くなっていくので後半になればなるほど条件が厳しくなっていきます。夏至は6月ですが、6月の北海道はまだ寒そうなので、中を取って7月にします。

・荷物を減らす

 今年の挑戦ではゲストハウスに滞在して荷物を降ろして走行した時にギア1枚分くらいペダルが軽くなったので、やはり軽量化は大切です。旅人は不安の大きさで荷物の大きさが決まります。過去数年の経験を基に約一ヵ月で最低限必要になるものを絞って持っていきたいと思っています。また、出来るだけ宿を確保して空荷で走る日を増やします。

・巡航速度を上げる

 今年の巡航速度約20キロでも400時間走れれば目標に到達できる計算ですが、今年を振り返った時、さらに走行時間を60時間増やすのは無理そうです。今年は3月に転倒事故でケガをしてしまって8月までにそれほど走れなかったので、来年は安全運転で7月までにある程度の距離を走りこめるようにしたいと思います。

 

挑戦に向けての条件設定

・目標は8000キロ 無理っぽいけど・・・。

・30日間+予備日1日で、1日の目標は270キロ できれば月の中頃にチェーン交換を。

・すぐに直せないメカトラブルや天候不順が続く場合は諦める 諦めが肝心!

 

ストラバの記録をさかのぼって眺めてみると毎月1万キロ以上走ってる人がいたりして、自分はまだまだ大したことないなぁと思います。しかし、自分の記録なら来年更新することも可能でしょうから、自分への挑戦ということにしてモチベーションを維持したいと思います。

フロントタイヤ、GP5000TLの交換。

フロントタイヤに小さな異物がよく刺さるようになってきたのでタイヤの交換をしました。新旧共にGP5000TLの32Cです。

古いタイヤは交換するまで1万キロほど走行してパンク知らずでした。シーラントを入れてますが、刺さった異物を取り除くとタイヤの繊維が見えるので、ベクトランブレーカーが仕事をしてくれているのではないかと思っています。コンチネンタルのシーラントで6気圧まで空気を入れて、気圧の低下は1日経過で1気圧未満でした。

GP4000S2と耐久性を比較するためにパンクするまで使ってみるという選択肢もありましたが、先月の旅行中GP5000TLの後輪が6500キロくらいで限界っぽかったので前輪も今回交換してしまいました。ちなみにGP4000S2は後輪で使用していて8000キロ越えた辺りで繊維が見えてパンク、前輪は14000キロ越えても使えてました。

 

使用しているホイールのリムはDTスイスのRR481、リムテープを新品に張り替えフロアポンプですんなりとビードが上がりました。ホイールに嵌めるのは素手では難しくタイヤレバーを使いました。

 


f:id:RTS_TTR:20190922001432j:image

走行距離1万キロくらいです。ヒビだらけみたいな感じですが、今年の6月末に交換したタイヤなので経年劣化しているわけでは無いと思います。GP4000S2もこんな感じのひび割れが出来ますが、GP4seasonはひび割れてないので、ブラックチリコンパウンド特有の性質なんでしょうか?


f:id:RTS_TTR:20190922001510j:image

コンチネンタル純正のシーラントを入れていました。水分は残ってたけど、成分は固化してる感じです。


f:id:RTS_TTR:20190922001555j:image

部屋にGP5000TLが3本あったので新しいタイヤもGP5000TLです。

タイヤの表面に筋状の凹凸があるのが気になります・・・。


f:id:RTS_TTR:20190922001641j:image

アマゾンで評価の低いフィニッシュラインのシーラントにしてみました!

注射器マジ便利。

金色のバルブキャップはバルブコア外しも兼ねています!

旅行の反省 その2

目標や持って行った装備を振り返ります。

 

出発前に立てた小さな目標の振り返りです。

・政和アートフェスティバルを見に行く  × 行けませんでした。

サロマ湖畔で帆立バーガーを食べる   × 時間が合いませんでした。

うに丼を食べる            △ 海鮮丼のウニを食べました。。

・アワビを食べる            〇 食べました。

宗谷岬へ行く             〇 行きました。

納沙布岬へ行く            × 行けませんでした。

ジンギスカンを食べる         × お店が臨時休業でした。

新十津川へ行く            △ ソーセージは食べられませんでした。

別海町の内陸部を走る         △ 少し走りました。

・自転車を購入した自転車屋さんへ行く  〇 大変お世話になりました。

道の駅三笠の焼き鳥を食べる      × 滝川の山賊焼きを食べました。

・ホタテの貝殻でパンクしない      〇 今回はパンク無しでした。

・雨竜のいきいき湯に行く        〇 行きました。

・行ったことのない道の駅へ行く     〇 安平、浜頓別の道の駅へ行けました。

ノーザンホースパークへ行く      〇 行きました。

今回は走行距離の目標達成が厳しかったため、思うようなルートを走ることが出来ず、行けないところが何カ所もありました。今年はこれまでの旅行に比べて風向きが何日も一定であることが多く苦労しました。

 

次回に向けて自分用メモ

・工具を減らす 今回は自転車用工具だけで1キロ以上あったので3,4,5ミリの六角レンチで済むように取り付け用のボルトを統一したり、フェンダーやキャリアの選定をする。

・モバイルバッテリー 2個持って行ったけど、1個で足りた。

46日目 郡山市→市川市 2019/8/31

f:id:RTS_TTR:20190904092746j:image

8月末に帰宅しました。

千葉県に入ってからは疲れていたのでサイクリングロードを通って戻りました。

 

f:id:RTS_TTR:20190905203104j:plain

最終日なので最後のパニアも郵送しました。

 

f:id:RTS_TTR:20190905203309j:plain

福島県の標識には残りの距離が書かれていて親切な感じです。

 

f:id:RTS_TTR:20190905203126j:plain

今回の旅行の後半で食べまくった白いたい焼きです。

 

f:id:RTS_TTR:20190905203153j:plain

帰ってきました!